スポンサードリンク

絆のペダルのドラマキャスト出演者は誰?原作あらすじ脚本は?24時間テレビ

こんにちは。

嵐の相葉雅紀さんが、8月24日・25日に放送される

24時間テレビのドラマ「絆のペダル」で主演を務めることが

発表されました!

題材としたのは、走行距離200kmもあり、最も過酷なスポーツと言われるロードレース。

そのロードレースで伝説的自転車プロロードレーサー宮澤崇史さん役を演じるそうです。

スポンサードリンク

絆のペダルのドラマ脚本あらすじ:24時間テレビ

宮澤崇史さんは、ロードレースの世界で、「ある奇跡」を成し遂げています。

幼い頃から、ロードレースに親しんできた相葉雅紀演じる宮澤崇史は、母と日本一を約束します。

念願叶いプロの道へ。

苦境に逆らい、もう一歩でその念願の日本一が叶うところで

約束した母が肝臓の病気になります。

その生命を救うためには、宮澤崇史の

肝臓を母に提供する生体肝移植が必須でした。

母の命を取るべきか、それとも己の選手生命を取るべきか。

選択は二者択一に思えました。

しかし、相葉雅紀演じる宮澤崇史さんは逆境に逆らいます。

母へ生体肝移植を行うとともに、未来を信じ母との約束の日本一へ挑戦をしたのです。

母も、相葉雅紀演じる宮澤崇史さんを支えます。

ロードレースを交えた母と子供の感動の実話が放送されるんですね。

スポンサードリンク

絆のペダルの脚本・原作

24時間テレビのドラマ「絆のペダル」で脚本を担当するのは誰なのでしょうか。

また、こちらの原作となる本はあるのでしょうか。

調べてみたところ、原作というものはなく、脚本を担当するのは

「ごくせん」シリーズのほか、

「東京タラレバ娘」「花咲舞が黙ってない」

「時代をつくった男 阿久悠物語」などの松田裕子さんが担当ようです。

スポンサードリンク

絆のペダルのキャスト(出演者)登場人物の役割は?:24時間テレビドラマ

24時間テレビのドラマ「絆のペダル」のキャストを確認してみましょう。

相葉雅紀演じる宮澤崇史さん以外のキャスト(出演者)は決定しているのでしょうか。

キャスト(出演者):相葉雅紀・・・宮澤崇史(みやざわたかし):24時間テレビドラマ

まず、こちらが24時間テレビのドラマ「絆のペダル」で相葉雅紀さんが演じる、登場人物・宮澤崇史さんの役割です。

3歳の頃に自身で補助輪をはずし自転車に乗ったところから運命が始まる。小学生の頃、母が親戚に頭を下げて借りてきたマウンテンバイクで自転車レースに参加。一人だけ、ジャージにゆるゆるのヘルメットだったが27位でゴール。その時に母に何度も褒められたことがきっかけで「夢中になれるモノ」自転車に人生を捧げる決意をする。高校時代から世界へと闘いに出て、メキメキと頭角を現し、日本一まであと一歩となる。ところが、2001年に母・純子氏が肝臓を患い、生体肝移植手術のため肝臓の3分の1を提供。その時、母を救った上で絶対に日本一になると約束を交わし、復帰不可能と誰もが思った自転車レースの世界へもう一度「挑戦」を始めることとなる。

しかし、腹筋など筋力の低下から立っているのもやっとの状態。リハビリ生活を続ける中、レースに出ても力を発揮しきれず、ついにチームを解雇されてしまう。それでも諦めず、母との「日本一になる」という約束を果たすため、単身イタリアへ。彼の挑戦の結末とは。41歳の現在はチームの監督を務めながら、講演の場で未来へ向けた活動をしている。

スポンサードリンク

キャスト(出演者):未定・・・宮澤純子(みやざわじゅんこ)

次に相葉雅紀演じる宮澤崇史さん以外のキャスト(出演者)は決定しているのか確認したところ・・・

母のキャストもまだ未定のようですね。

崇史の母。崇史が6歳の時に夫を亡くし、公務員として働きながら女手一つで崇史と姉、二人の子供を懸命に育てていく。忙しい合間を縫って、崇史のレースに駆け付け、息子の活躍を全力で応援し支え続けた純子。その姿は、いつしか崇史の闘い続ける「目的」となっていく。

そんな中、純子は2001年に肝臓を患い、余命12年という宣告を受けてしまう。崇史はすぐに、選手生命に大きな影響があるにも関わらず、生体肝移植を申し出たが、病気のせいで息子の夢を断ちたくないと、純子は一旦、拒否してしまう。しかし、崇史が「手術をした上でも、日本一になる」という決意を告げたことで、移植を受け入れ、無事、一命を取り留める。その後、周囲が「不可能」と言う状況の中でも、息子の「日本一」を信じ、懸命に応援し続けた純子。息子を信じ、未来を信じ、その絆で『夢』を支え続けた強き母。

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です