スポンサードリンク
 

 

喜多真裕美(競歩)wiki経歴!旅館喜多八(石川県)の女将で結婚や口コミ評判は?

こんにちは!

2019年3月20日(水)  20時00分~21時57分に放送される

その他の人に会ってみた!

オリンピックに出場した女子選手が引退後、

指導者の道を捨て老舗旅館の仲居になった方!が登場します。

喜多真裕美で老舗旅館『喜多八』の女将がその他の人に会ってみたに登場!

世の中にあふれる様々なアンケート調査や統計で

「その他」の項目に含まれるような、

その世界での所謂「王道の選択」をしなかった

異色の経歴の持ち主を“その他さん”と称し、

その生き様を追う人物調査バラエティ

その他の人に会ってみた!

今回は、

オリンピックに出場した女子選手が引退後、

指導者の道を捨て老舗旅館の仲居になった方

が登場します!

 

超一流のスポーツ選手であるオリンピックに出場した選手。

彼らは引退後、どのような道に進むのでしょうか?

その多くは指導者など引き続き競技に関わったり、

あるいはサラリーマンなど「一般人」になったりしますが、

中にはちょっと変わった道に進む人もいらっしゃいます。

 

元オリンピック選手で、

引退を機に老舗旅館の女将となった方を調べてみると、

老舗旅館『喜多八』の女将となった

喜多真裕美さんという方のようです。

なんとこちらの方は、

競歩でオリンピックに3回に出場したご経験があるようです!

そんな方がなぜ老舗旅館『喜多八』の女将となっているのでしょうか。

 

珍しい第2の人生を歩んでいる

喜多真裕美さんのプロフィールや経歴、

老舗旅館『喜多八』の場所などについて調べてみました。

 

喜多真裕美(きたまゆみ)wikiプロフィール

 

老舗旅館『喜多八』で女将として働いている

喜多真裕美さんのプロフィールはこちらのとおり。

 

  • 【名前】 喜多真裕美(きたまゆみ)
  • 【生年月日】 1980年5月10日
  • 【出身地】 茨城県笠間市
  • 【血液型】 AB型
  • 【身長】 167cm
  • 【趣味】 お菓子作り、ショッピング
  • 【特技】 競歩
  • 【高校】 茨城県立下館第二高等学校卒業
  • 【最終学歴】 金沢製菓調理専門学校卒業
  • 【職業】 『粟津温泉 喜多八』の女将

 

喜多真裕美(きたまゆみ)の経歴

 

福島県に生まれた喜多真裕美(旧姓・川崎真裕美)さん。

中学校時代はバレーボール部に所属していましたが、

茨城県立下館第二高校入学後に陸上部へ入部されます。

初めは800mや3000mを専門に走っていましたが、

高校2年時に陸上部顧問から

「全国大会に出られるぞ」と勧められて競歩を始めたそうです。

この陸上部顧問は、鈴木理弘さん。

 

 

すると、才能が開花し、高校卒業後は競歩選手として海老澤製作所を経て、富士通で活躍します。

鈴木理弘さんからは高校卒業後の実業団時代も含めて

1997年から2008年まで指導を受けたそうです。

 

競歩とは?

競歩と聞くと、歩くという漢字がつくためそこまで早くないイメージがありませんか?

実は、競歩の歩くそのスピードは、走るのと同じくらいの速さなんです!

こちらの動画をごらんいただいたらわかるかと思いますが

競歩の歩くスピードは半端無いんですね!

一般的に成人男性の歩く速さは時速4〜5キロ。

一方で、競歩選手の歩く速さはなんと時速16キロにもなるそうです。

老舗旅館『喜多八』の女将となった

喜多真裕美さんの歩くスピードは相当なものなんでしょうね。

競歩の成績や記録は?

 

老舗旅館『喜多八』の女将となった

喜多真裕美さん。

それまでの競歩の成績

 

 

  • 2003年11月の全日本競歩高畠大会20km競歩で1時間32分16秒の日本新記録を樹立し優勝、アテネオリンピックの参加標準記録Aを突破した。
  • アテネオリンピック女子20km競歩代表(40位)。
  • 2004年から2006年にかけて、日本選手権女子20km競歩で3連覇を果たす。日本選手権は2008年、2010年も合わせて5勝した。
  • 北京オリンピック女子20km競歩代表(14位)。

引用:https://ja.wikipedia.org/

 

喜多真裕美(粟津温泉「喜多八」若女将/競歩 元日本代表)|みらいをひらく

 

喜多真裕美(きたまゆみ)は結婚して夫は?馴れ初めは?

老舗旅館『喜多八』の女将となった

喜多真裕美さんはご結婚されていて、

ご主人のお名前は、喜多重光(きたしげみつ)さん

老舗旅館「粟津温泉 喜多八」の3代目でです。

喜多真裕美さんと夫である重光さんの出会いは、

同じ実業団のチームにいた後輩の紹介だったそうです。

その紹介をされるきっかけが占いだったそうです。

占いで

「結婚相手は、3つ年上の長男、職業は旅館」

などの条件を告げられ、

その話をチームの後輩に話した所、

その後輩がその条件にピッタリのということで

後輩のイトコである現在の旦那さんの重光さんを紹介されました。

老舗旅館『粟津温泉 喜多八』の3代目である喜多重光さんです。

結婚した、老舗旅館『粟津温泉 喜多八』の3代目である喜多重光さんと

喜多真裕美さんは、情熱の掛け方が似ているということで

意気投合したそうです。

競歩選手ということで、喜多真裕美さんは千葉、

喜多重光さんは石川県小松市で遠距離恋愛でしたが

その恋が成就し、2012年12月にご結婚されました。

 

『あわづ温泉 喜多八』の場所・宿泊料

喜多真裕美さんが女将を務める『粟津温泉 喜多八』は

どこにあるのでしょうか。

『粟津温泉 喜多八』を予約するためにはどのようにしたらいいのでしょうか。

また、どの程度の宿泊料金がかかるのでしょうか。

気になるので、調べてみました。

 

旅館名 粟津温泉 喜多八(あわづおんせん きたはち)
住所 石川県小松市粟津温泉
予約電話 0120-22-1821
※受付時間は9:00~18:00
宿泊料金 1人10,800円~ ※楽天トラベル経由だともう少し安くなります
粟津温泉 喜多八

粟津温泉 喜多八(あわづおんせん きたはち)では

40歳になる6年後までに自分の色を出していきたいそうです。

現在、喜多真裕美さんは38歳。

そして将来的には自分のプロデュースした喫茶店や、

自分のプロデュースしたお土産を売りたいそうです!

これから変わっていく粟津温泉 喜多八(あわづおんせん きたはち)が楽しみですね!

もし訪れるなら、2年後くらいのほうが楽しいかもしれませんね♪

 

スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です