北川悦吏子は耳の難病気!娘や兄、夫の現在と年収!半分青い:アナザースカイ

こんにちは!

2019年1月18日(金)  23時00分~23時30分に放送される

アナザースカイ。

脚本家・北川悦吏子さん出演します。

 

北川悦吏子がアナザースカイに出演し初の娘との共演!

 

脚本家・北川悦吏子のイタリアへの旅をアナザースカイが特集します。

旅の行く先は、ヴェネチアからヴェローナ、そしてローマ郊外の小さな街アルテーナへ。

そこには脚本家・北川悦吏子さんが作り上げた

「ロンバケ」「半分、青い。」を始めとする北川作品の原点がありました。

ラブストーリーの神様と呼ばれる北川さん。

創作の根底に流れている「思い」とは何なのでしょうか?

気になりますよね。

全ては14才で衝撃を受けた映画「ロミオとジュリエット」から始まったそう。

番組では、執筆秘話、病との闘いなど、

これまでの脚本家・北川悦吏子さんの人生がこれでもかと語られます。

特に注目は、テレビ初登場の娘さん!

娘さんから見た、脚本家・北川悦吏子さんの素顔も明らかになるそうですね。

今回は、脚本家・北川悦吏子さんにターゲットを当ててご紹介したいと思います。

脚本家・北川悦吏子wikiプロフィール

名前:北川悦吏子(きたがわ えりこ)

生年月日:1961年12月24日

出身:岐阜県美濃加茂市

職業:脚本家

北川悦吏子の中学校、高校時代から脚本家の道へ

 

北川悦吏子さんの出身は岐阜県ということもあり、

高校は地元の岐阜県立加茂高等学校へ進学。

 

オフコースが大好きで、小田和正さんの母校である、

早稲田大学に進まれます。

自宅から通える短大などに進むものと両親は思っていましたが

早稲田大学に進学したいという意志が強くて、

兄に渋る父を説得してもらったのだそうですよ。

大学卒業後は、広告代理店に入社されます。

しかし、過酷な労働環境もあり、半年で退社されることになります。

 

その後、日活撮影所に入社、勤務しながら脚本を学ばれます。

1991年に放送された『世にも奇妙な物語』、

1993年の『あすなろ白書』(フジテレビ系)など、連続して恋愛ドラマがヒットし、「恋愛の神様」と呼ばれるように。

「あすなろ白書」は以前再放送されているのをみたことありますが、とても面白かったのを覚えています!

さらに2018年のNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」の脚本では、注目をあつめました。

 

北川悦吏子は耳の難病!

北川悦吏子は、出産後に体調を崩してしまいます。

1999年に人間ドックを受信したさいに、大きな病気がみつかります。

病名は難病指定の「炎症性腸疾患」!

大腸の粘膜に炎症や潰瘍が起こるもので、治癒が困難な病気。

なんと10万人に一人という割合で発生する非常にまれな病気のようです。

旦那さんは、奥さんの北川悦吏子さんのことを

熱心に看護をつづけていました。

時には、娘さんの誕生日を病室で迎えることもあったそうです。

2010年に大手術の上、症状が少しずつ落ち着き、なんとか闘病生活にピリオドを打つことができたそうです。

その闘病生活の中でも、なんと執筆活動をを継続されていた北川悦吏子さん。

凄い執念ですよね。

しかし、その後2012年、左耳が突然聞こえなくなり突発性難聴と診断され入院。

検査の結果、聴神経腫瘍と判明しました。

残念ながら、左耳は完全に失聴。

今後の人生を考え、失意のどん底だったようです。

しかし自身が脚本を書いた同じく失聴したヒロインが登場する

『オレンジデイズ』の台詞に励まされました。

「半分、青い。」は親子愛の物語!モデルは本人

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』には、脚本家・北川悦吏子さんがこれまで書いてこなかったテーマ「親子の物語」

が描かれています。

もともと腎臓に持病があった北川悦吏子さん。

実は、16才のときに医師から、出産はできないと宣言されており、子供がいる人生は考えていませんでした。

1993年に結婚した際にも、出産は出来ない旨を伝えていたそうです。

しかし、1997年、35歳の頃思いがけず妊娠、出産。

子供が欲しいと思っていなかったものの、その反動で子供の可愛さに気づいたそう。

そして、いつか母と娘の物語を書きたいと思っていたそうです。

キャストには、実際の娘さんや1995年に他界した実母のおもかげが

残る非常に印象深い作品となったようです。

北川悦吏子の娘・埜々香(ののか)が「半分、青い。」のモデルにも

 

現在大学3年生の娘は、「あさぎ空豆」という名前で写真を発表されています。

そして、2015年には母娘で『恋をしていた。』というフォトエッセーを出版。

レビューなどを見てみると、

30代以上になった人に読んでもらいたい1冊と、非常に高評価のフォトエッセーのようです。

お二人の紡ぎだす言葉の多くに共感、感動、切ない気持ちが溢れ出す1冊と大絶賛。

他にも、

たった一言から数行…なのに何て素晴らしい表現なのだろうと感動感銘致しました。切なく苦しく自身の中だけに秘めていた想いがこの本に詰まっており唯一無二の一冊です。私には苦しいけれど読み終えると前向きになれる素敵な人と出会えて幸せだったと確認できる一冊になりました。

など、言葉のひとつひとつの表現の上手さが際立っているエッセーとのことです。

 

『半分、青い。』では、律の父・萩尾弥一(谷原章介・46才)が好きな写真の一枚として娘の写真を提供されたそうです。

また、ドラマ中で花野がフィギュアスケートをしていたのも、

幼少時代の実の娘がやっていたことがもとになっていたそうですよ!

北川悦吏子の年収は?

北川悦吏子さんは、1991年に放送された『世にも奇妙な物語』、

1993年の『あすなろ白書』(フジテレビ系)など、連続して恋愛ドラマがヒットし、「恋愛の神様」と呼ばれるようになりました。

 

一般的に、テレビドラマだと、放送時間1分につき1万円、などと決まっていることがあり、平均的には、1話につき約60万~100万円ほど。

1クール(約13話)分だと、合計で約800万円~1000万円ほどのギャラになるそうです。

最低でも1000万円以上は稼いでいらっしゃることは間違いないでしょうね♪

脚本家の仕事は当たれば大きい収入になりますが、ヒット作を出すまでがとても苦労を重ねるご職業。

実力が物を言う世界なので、軌道に乗るまでは収入面では厳しいんでしょうね。

例え一度ヒットしたとしても、人気がなくなって仕事が来なければそこで収入が途切れてしまいます。

しかし、北川悦吏子さんは2018年のNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」の脚本でも、注目をあつめました。

そう考えると、2000万円、3000万円もあっておかしくは内科も知れませんね!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です