fns女装三浦春馬のキンキーブーツの意味!あらすじキャスト、曲や動画も!

こんにちは!

2018年12月5日夜7時に放送された

フジテレビの『FNS歌謡祭』に出演した三浦春馬さんが

話題になっていますね!

FNS歌謡祭の最後を飾ったのは

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』のみなさん。

なんと、その中で三浦春馬さんが女装をし、

高いヒールを履きこなし、圧巻のゴージャスな

パフォーマンスをしたのです!

三浦春馬さんと言えば、クールにかっこよく決める印象ではないでしょうか?

そんな三浦春馬さんが、真逆の女装スタイルや妖艶な表情にみなさん驚かれたようです。

今回は、そんな女装をするブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」について

あらすじ、キャスト、キンキーブーツの意味、キャスト、日程、チケット情報などについてまとめてみました

 

FNS歌謡祭の三浦春馬さん、SNSインスタ

まず、さっそくFNS歌謡祭の状況をチェックしてみましょう♪

超がつくミニスカートと真っ赤なリップ!

FNSでは妖艶なムードたっぷりの三浦さんが映っています♪

 

実話をもとにした『キンキーブーツ』とは?

 

経営不振に陥った老舗の靴工場の跡取り息子チャーリー。

ドラァグクイーンのローラに出会い、差別や偏見を捨て、

ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程を描いた作品です。

 

2013年 映画を元にアメリカ:ブロードウェイで公開

2013年4月、映画をもとにしたミュージカル化作品

「キンキーブーツ」がニューヨークの

ブロードウェイ・シアターで上演されました。

シンディ・ローパーのパワフルで魅力的な書き下ろし楽曲の数々。

映画をもとにしたこの作品の魅力は大きな話題を集め、

今なおブロードウェイでは

ロングランを続ける大ヒットミュージカルです。

2016年日本版ブロードウェイ初演&2019年再演!

2016年、演出・振付をブロードウェイ版そのままに上演した初演は、全公演ソールドアウトとなるほどの人気ぶり。

そして今、2019年。

日本中を熱狂の渦へと巻きこんだ小池徹平・三浦春馬の主演コンビとメインキャストが再びパワーアップし再集結したことで話題になっています!

 

実話ミュージカル『キンキーブーツ』あらすじ

2016年に日本版キンキーブーツが公演されたとき

3分でわかる!ブロードウェイ・ミュージカル「キンキーブーツ」〈来日版〉

というあらすじがわかる動画が

ちけっとぴあからYouTubeに公開されています。

こちらは、公式からのあらすじの引用です。

イギリスの田舎町ノーサンプトンの老舗の靴工場「プライス&サン」の4代目として産まれたチャーリー・プライス(小池徹平)。

彼は父親の意向に反してフィアンセのニコラ(玉置成実)とともにロンドンで生活する道を選ぶが、その矢先父親が急死、工場を継ぐことになってしまう。

工場を継いだチャーリーは、実は経営難に陥って倒産寸前であることを知り、幼い頃から知っている従業員たちを解雇しなければならず、途方に暮れる。

従業員のひとり、ローレン(ソニン)に倒産を待つだけでなく、新しい市場を開発するべきだとハッパをかけられたチャーリーは、

ロンドンで出会ったドラァグクイーンのローラ(三浦春馬)にヒントを得て、危険でセクシーなドラァグクイーンのためのブーツ“キンキーブーツ”をつくる決意をする。

チャーリーはローラを靴工場の専属デザイナーに迎え、ふたりは試作を重ねる。

型破りなローラと保守的な田舎の靴工場の従業員たちとの軋轢の中、チャーリーはミラノの見本市にキンキーブーツを出して工場の命運を賭けることを決意するが…!

 

これ以降はネタバレのあらすじです。

ネタバレが嫌いな方は読み飛ばしてください。

ローラを含む多くの従業員に重労働を強いたため彼らは出て行ってしまい、事態は悪化する。

チャーリーは工場を守るために家を抵当に入れるが、それを知ったニコラは激怒し、工場を売ることを主張する。しかしチャーリーは工場を維持し従業員を雇用し続けることを決心する。この口論はマイクを通じて工場全体に放送され、ローレンとローラと不仲のドンに聞かれる。以前にローラから恩を受けたドンは、偶然ではあるがチャーリーの考えを聞いて他の従業員たちを呼び戻し、靴の製造をチャーリーとローレンがミラノに出発するのに間に合わせる。

無事ミラノに到着したチャーリーとローラだったが仲違いをし、新作ブーツのモデルがいない状態になってしまう。そこでチャーリーは従業員への感謝の最大限のしるしとローラへの謝罪の気持ちを併せ、自らがモデルとしてステージに上がる。チャーリーが慣れないハイヒールで滑って転んだその時、ローラとドラァグ・クイーン仲間が登場してランウェイで見事なショーを行ない、事なきを得る。

後日、ローラは自身のショーでノーサンプトンの「キンキーブーツ工場」の栄誉をたたえて歌う。このショーには工場の従業員達が招待されており、その中には恋仲となったチャーリーとローレンの姿もあった。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84


 

2019年『キンキーブーツ』キャスト(出演者)

 

あらすじをチェックした次は実際のキャスト(出演者)をチェックしましょう♪

チャーリー・プライス役・・・小池鉄平さん

ローラ役・・三浦春馬さん

ローレン役・・ソニンさん  ニコラ役・・玉置成実さん

ドン役・・勝矢さん ジョージ役・・ひのあらたさん

役を紹介しましたが、ブロードウェイということで

動画を見てもらったほうが、早いかと思いますので

チケットぴあが上げた動画をみてみましょう♪

インタビュー動画

 

女装した三浦さんのローラが圧巻!


もうね・・・あなた誰?!っていうくらい

ドラァグ・クイーンのローラという人格が

三浦春馬さんに完全に憑依しています!

美しい顔だちとウォーキング、そして堂々とした佇まい。

鍛え抜かれたムキムキの肉体が女装をするという

なんとも魅惑の演技をされています。

そして、なんといっても、その抜群の歌唱力も注目ですよね。

そこで、次に三浦さんが歌い上げる歌3曲をご紹介します。

2019年 三浦春馬さんが歌う主要な曲3つ

 

三浦春馬さんは、『LAND OF LOLA ~ローラの世界~』、『RAISE YOU UP』、『JUST BE』の計3曲を、次々歌いあげていきます。

曲① 『LAND OF LOLA ~ローラの世界~』

曲② 『RAISE YOU UP』/曲③ 『JUST BE』

 

2019年 チケット情報!「キンキーブーツ」

 

公演日程

東京公演:2019416日(火)~512日(日)

大阪公演:2019519日(日)~528日(火)

 

チケット一般発売日:ちけっとぴあなど

東京公演 2018年12月8日(土)AM10:00~

大阪公演 2019年1月19日(土)AM10:00~

 

チケット料金

◆チケット料金

公 演 S席 A席 B席 C席 D席
東京公演 13,500円 12,000円 10,000円
大阪公演 13,500円 11,500円 9,500円 7,500円 5,500円

 

 

まとめ

 

今回は、そんな女装をするブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」について

あらすじ、キャスト、キンキーブーツの意味、キャスト、日程、チケット情報などをまとめてみました!

ぜひぜひ、お近くの方はごらんになってはいかがでしょうか?!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です