スポンサードリンク
 

 

木村光希は納棺師!イケメン結婚は?年収やおくりびと経歴や動画は?仕事内容や育成方法もプロフェッショナル仕事の流儀

今夜放送のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」は納棺師の木村光希さんの特集のようです。

納棺師という名前が広く知られるようになったのは映画「おくりびと」からではないでしょうか。

今回はその、おくりびと=納棺師である木村光希さんについて調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

木村光希(納棺師)wikiプロフィール!プロフェッショナル仕事の流儀に出演

映画「おくりびと」の公開から納棺師という普段、聞きなれなかった言葉が世の中に浸透していったように思います。

私は映画公開当時まだ若かったこともあり納棺師の仕事がうっすらとこんな仕事だろうと浮かぶ程度でしたが

「おくりびと」を家族でみてからはその職業の仕事内容を知ることができました。

今日はその代わり、おくりびとの映画にお父様とともに技術指導を行われた納棺師木村光希さんのことを調べてみました。

納棺師、木村光希のプロフィール!結婚・家族(妻・子供)

木村光希さんの読み方は(きむらこうき)と読みます。

北海道出身の1988年生まれ。現在の年齢は30歳です。

納棺師を育てる、おくりびとアカデミー代表取締役としてご活躍されています。

イケメン納棺師として言われていますが、お父様はあの有名な映画「おくりびと」の技術指導者として有名な方です。

その息子でもある木村光希さんがはお仕事を引き継がれています。

前回のNHK、プロフェッショナル仕事の流儀で流された

今回の木村光希さんの予告では

木村光希さんが優しい声で

「心の中で会話をしながら、みんなみにくるよ」と話されているシーンが流されました。

声からも人柄が伝わってくる方だという印象を受けました。

スポンサードリンク

納棺師、木村光希さんの結婚は?家族(妻・子供)

納棺師 木村光希さんはとてもイケメンですが彼女はいらっしゃるのでしょうか?

調べてみると・・・なんとご結婚されているようです。

インスタにも、可愛い子供さんの写真が掲載されています。

娘さんで、充希( みつき)ちゃんというお名前のようです。

とても幸せそうですね。

スポンサードリンク

納棺師、木村光希の経歴

幼いころから納棺師のお父様の影響から遊びの一環として納棺のための作法を学んでいたそうです。

出身は北海道ですが上京され主にアジア地域(中国、韓国、香港、台湾)で納棺技術の指導を行われて

その後、終末期サポートができる人材育成のおくりびとアカデミーを設立されています。

また、納棺師がプロデュースする葬祭ブランドの「おくりびと®のお葬式」も日本で11店舗展開中といのことです。

映画「おくりびと」って?

みなさんは映画「おくりびと」を観たことはありますか?

2008年公開の映画ですのでもう10年以上も前の話になるのですね。

本木雅弘が、1996年に青木新門・著『納棺夫日記』を読んで感銘を受け、青木新門宅を自ら訪れ、映画化の許可を得た[4]。その後、脚本を青木に見せると、舞台・ロケ地が富山ではなく、山形になっていたことや物語の結末の相違、また本人の宗教観などが反映されていないことなどから当初は映画化を拒否される。

本木はその後、何度も青木宅を訪れた[4]が、映画化は許されなかった。「やるなら、全く別の作品としてやってほしい」との青木の意向を受け、『おくりびと』というタイトルで、『納棺夫日記』とは全く別の作品として映画化。映画公開に先立って、小学館でさそうあきらにより漫画化されている。このコミック版では建築物の細部まで多くの描写が映画と共通しているが、主人公の妻の職業などいくつか差異がある。

映画の完成までには本木と、本木の所属事務所元社長の小口健二の働きは大きい。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/おくりびと

私は映画館に「おくりびと」を友人とみにいったのですが

親しい人を亡くしたばかりだった友人は唇をかみしめて涙していたことを思い出します。

そして私自身、その映画をみてから葬儀というものの捉え方が大きく変わりました。

私だけでなく、このブログをお読みいただいている皆様の多くはそう感じられたのではないでしょうか。

「年齢問わず、高給保証!実質労働時間わずか。旅のお手伝い。NKエージェント!!」この求人広告を手に「NKエージェント」を訪れた元チェロ奏者の小林大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山崎努)から思いもよらない業務内容を告げられる。その仕事とは、遺体を棺に収める”納棺”という仕事だった。戸惑いながらも、大悟は妻・美香(広末涼子)に仕事内容を偽り、納棺師の見習いとして働き出す。(C)2008 映画「おくりびと」製作委員会

引用:https://www.youtube.com/watch?v=vvXRdIHXgaU

 

納棺師の仕事内容は?

納棺師とは一般的には亡くなった方を棺におさめるための作業を行います。

湯灌(ゆかん)や表情を整えるメイクやお着替え等で整えご遺体を大切に管理し、故人を送り出す仕事をされています。

また精神的に辛い状況のご家族のサポート的な役割も大きい仕事だと言われています。

 

木村光希『おくりびとアカデミー』で納棺師を育成!

木村光希(納棺師)の年収は?

木村光希さんのお仕事でもある納棺師の年収はいくらぐらいなのでしょうか。

一般的な納棺師の大手年収は500~600万と言われています。

木村光希さんは現在、おくりびとアカデミー代表取締役をされており有名な納棺士さんであります。

そのため著名人の納棺もまかれれていますので2000万。あるいはそれ以上はあると思われます。

Instagramでは著名人とのお付き合いの写真も掲載されていますので裕福には暮らされているようですね。

まとめ

今日はNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」にご出演の納棺師、木村光希さんについてまとめてみました。

調べていく過程で納棺士としてのお仕事に誇りをもち、向き合われている姿に感銘をうけました。

必ず誰しもが送る側、送られる側となり、その最後の瞬間をどう迎えるのか

私たち自身も深く今一度考える機会がもてるお話しだと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です