スポンサードリンク

下町カニカマ誕生秘話が衝撃!スギヨ発明の「香り箱」の通販お取寄せは?この差って何

こんにちは。

2019年6月25日(火)  19時00分~20時00分に放送される

この差って何★睡眠のゴールデンタイム22時~2時は嘘!にチョコプラ松尾仰天SP

で日本で初めて「カニカマ」を作った熱き男たちの執念が実った

「カニカマ誕生物語」が放送されるようです。

下町カニカマ誕生秘話物語!気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

下町カニカマ誕生秘話!発明したスギヨがこの差って何で紹介

カニのむき身にそっくりな見た目や、

食感、香り、味わいなどを追求して作られたカニカマは

いまや食卓でおなじみですよね!

カニの身に色や形・食感を似せて作られた

かに風味のかまぼこ「カニカマ」は、

実際にカニの身は使われていないと知っていても、

その味と食感から愛好家は非常に多いですよね。

わたしの家庭も、サラダには好んで和えて食べていますよ。

このように、調理法を見てみると、サラダに混ぜたり、

そのまま食べたりと、なんとなく「かにの代用品」として

食べていますよね。

しかし、カニカマを発明した能登の食品加工会社スギヨで販売されている

「香り箱」というカニカマはもはや代用品と言えないぐらいの

味のクオリティーなんだそう。

いったいどんな味なんでしょうか。

また、カニカマが誕生した、誕生秘話も気になりますよね。

スポンサードリンク

下町カニカマ誕生秘話!スギヨの発明は偶然だった

カニカマを発明した、スギヨのルーツは能登半島の

カニカマを初めて世に販売したのはスギヨという水産会社です。

世界初のかに風味かまぼこ(カニカマ)である

「かにあし」を発売されたのは、昭和47年(1972年)。

なんと、調べてみると、このカニカマ誕生は

偶然の産物だったのです!

衝撃の事実ですよね。

当時、クラゲの輸入がストップしたことを受けて、

人工クラゲの開発に着手した水産会社スギヨ。

しかし、その食感の再現は非常に難しくできず断念。

しかし、そこで諦める水産会社スギヨではありませんでした。

3代目社長の杉野芳人がその残りを刻んで食べてみたところ、

「ん?これはカニの食感に似てるのでは・・?商品化できそうだ!」

と思い、カニカマの商品化がスタートしたそうです。

スポンサードリンク

スギヨのカニカマの香り箱が美味しい!クチコミ画像は?

追記予定

 

同じ番組内で紹介されるこちらもどうぞ!

エビカマ海外の画像や味が衝撃!通販お取り寄せや作り方は?カニカマこの差って何

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です