スポンサードリンク
 

 

岩崎隆一は自殺前提!同居親族さえも顔を知らない!数十秒後に自殺した理由!登戸通り魔事件・川崎

連日メディアで流れている登戸通り魔・川崎殺傷事件の内容は岩崎隆一容疑者の続報を

日本中が注目しているようですね!

カリタス小学校の生徒が襲われなくてはならなかった理由がいまだにはっきりしておらず

岩崎隆一容疑者の事件後の自殺で捜査は混乱をきたしているのでしょうか?

スポンサードリンク

岩崎隆一容疑者の顔を知らない親族?自殺の早さ!襲撃数十秒後に即自殺

川崎市内でカリタス小学校のスクールバスをいつもどおり待っていたカリタス小学校の生徒たちに

刃物をふりかざし背後から襲いかかった岩崎隆一容疑者は

きりつけたあとに、自らが所持していた刃物を自分の首にふりかざし自殺しています。

ためらう様子は一切なかったといわれているため

犯行を決断したときには、自らの自殺を決めていたのでしょうか?

また一緒に住んでいる親族さえ写真をみてこの人じゃないと否定した真相は?

スポンサードリンク

同居親族さえも岩崎隆一容疑者の顔を知らなかった?

そして驚くべきことがもう1つあります!!

事件後警察が同居の叔父親族に岩崎隆一容疑者の写真をみせたところによると

「この人ではない」と答えたそうです。

これには本当に驚きました!!

襲撃当時、岩崎容疑者は短髪だったという情報を得ていますが

親類でもある同居人は長髪だった認識していたようです。

いくら髪型がかわっていても幼い頃から生活してきた岩崎容疑者の顔がわからないものなのでしょうか。

この記事を目にしたとき、岩崎容疑者の自宅での位置というものに触れたような気がしました。

交友関係が希薄で同居する親類の叔父家族とも会話のない生活を続けていた岩崎隆一容疑者。

本来ならば、その心の闇に幼い頃から同居していた家族が、病院や市へ相談できなかったのでしょうか。

岩崎容疑者の生活が時間の経過とともに少しづつ明らかになっていっていますが

孤独の中で今回の登戸通り魔・川崎殺傷事件を計画が行われていたと察します。

自殺前提に、犯行におよんだ可能性が高い?お

普通は、自殺するとなると一瞬でもためらうことがあると思いますが

岩崎容疑者は、ためらうことはなかったということです。

この度、岩崎隆一容疑者の司法解剖が行われたそうですが

遺体には首正面に2箇所の傷があったもよう。

スポンサードリンク

まとめ

この記事を書いていて空虚感に襲われました。

恐ろしい犯行にいたった岩崎容疑者の心の中の真実を知ることがなくなってしまったことが残念です。

スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です