スポンサードリンク
 

 

今岡諒平2塁審判の誤審動画や顔画像!名前は誰?ヤクルト対中日よそ見で適当にセーフで職場放棄でネット炎上!

こんにちは!

4月21日に行われたヤクルト対中日の試合で5―4の5回に行われたプレーに対し

2塁審判の適当な行為に対しネット上が炎上しています。

その2塁審判の名前や、プレー動画、ネット上の炎上についてまとめてみました。

スポンサードリンク

ヤクルト対中日よそ見で適当にセーフした2塁審判動画!

問題となっている動画はこちら。


あまりに見ていないので、思わず笑ってしまいました。

しかし、真剣にプレーしている選手や応援している方々にとってはたまったものではないですよね。

問題が起きたのは、21日に行われたヤクルト対中日の野球の試合。

5―4の5回1死二塁で、上田の飛球を二塁手・堂上がキャッチ。

二塁走者の雄平は三走を試みていたため、

すかさず二塁ベースカバーに入った京田へ転送し、ダブルプレーを狙った時に起こりました。

スポンサードリンク

今岡諒平2塁審判が誤審!よそ見していたが適当にセーフ!顔画像は?

 

問題となった2塁審判は、今岡諒平審判(塁審)です。

顔画像はこちら

引用http://npb.jp/umpires/register/51155137.html

タイミングはアウトに見えたが、二塁の今岡塁審はセーフの判定を下しました。

しかし、明らかによそ見してますよね。

それにもかかわらず今岡諒平審判(塁審)がセーフにしたので中日・与田監督が怒りの猛抗議を行ったようです。

 

リプレー動画を見る限り、今岡諒平審判(塁審)は当該プレーを見ていないにも関わらず

このような判定を行うなんてプロとして失格でしょうね。

なんらかの、注意・指導があることは間違いありませんが、

今後のことを考えるとペナルティなど十分にあたえるべきなのではないでしょうか。

今岡諒平ウィキペディアwikipedia

さっそく、今岡諒平審判(塁審)のwikipediaが当該行為を受け改変されているようですね。

 

今岡 諒平(いまおか りょうへい、1990年3月1日 – )は、プロ野球審判員。東京ヤクルトスワローズ所属。

日本野球機構審判部関西支局所属。審判員袖番号は『61』。集中力がなく、よくボールから目をそらす。試合中だろうが良い女を見つけるとガン見してしまう。大のヤクルトファンであることをプレーで表す仕事人。中日ドラゴンズが大嫌い。

笠岡商高名古屋商科大学卒業。2013年3月1日にプロ野球審判員となる。

審判員としては珍しいサウスポーである。

2018年4月25日 ヤクルト対阪神(松山)で二塁塁審を務め、一軍初出場を果たした。 2019年4月21日、職務放棄。

引用:wikipedia

結果はどうなったの?セーフ?アウト?平成最後の大誤審!

このプレーの結果は実際はどうなったのでしょうか。

審判団はヤクルト・小川監督と協議後、リプレー検証を行いました。

その結果、判定は覆りアウトとなってダブルプレーが完成し、攻守交代となったということで

結局、今岡諒平審判(塁審)が行った行為は世紀の大誤審ということでした。

きっと平成最後の野球の大誤審ということで珍プレーで今後流れるでしょうね・・・

 

今岡諒平2塁審判が誤審に対しネット炎上!

この今岡諒平審判(塁審)が行った行為は世紀の大誤審に対するネットの反応をまとめてみました。

当然大炎上中です。

スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

1 個のコメント

  • 今岡2塁審はボールの行方、選手のプレーあからさまに見ていない。
    誰がどう見ても適当にジャッジしたと判断できる。
    当然の大誤審。
    それを「見ていた」と言った今岡塁審、素直に見ていなかったと認めるべき。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です