スポンサードリンク

 

 

 

ジョージ(ジョルジ)ゴーン父親の顔画像・顔写真は?逃亡経歴・現在は?

こんにちは。

カルロス・ゴーンのニュース報道を見ない日はない今日このごろ、また新たな事実が判明しました。

カルロス・ゴーンの父親に関する情報が新たに書籍で発表されるというのです。

フランスのオプセルヴァトゥール(L’Obs)の東京特派員レジー・アルノー記者が、カルロス・ゴーンの人生にせまる『逃亡者』という書籍を2月5日に発行されます。

その中で父親のジョージ・ゴーン(ジョルジ・ゴーン)のことにふれられるのですがその内容が衝撃的!

なんと、実の父ジョージ・ゴーン(ジョルジ・ゴーン)が、かつて密輸にからむ殺人事件を起こした後、いくつもの事件で死刑判決を受けていたというのです。

犯罪者は親も子も同じ…ということでしょうか・・。

いったい実の父ジョージ・ゴーン(ジョルジ・ゴーン)とはどのような人物なのでしょうか。

またその顔画像は公開されているのでしょうか。

顔画像が公開されているのであれば、きっとカルロス・ゴーンと似ているのでは・・?と思いチェックしてみました。

スポンサードリンク

ジョージ・ゴーン父親(ジョルジ・ゴーン)のwiki経歴プロフィールは?

報道によると、カルロス・ゴーンの父親であるジョージ・ゴーン(ジョルジ・ゴーン)が事件を犯したのは、1960年のこと。

ボリス・ムスアド神父を殺めた罪状で罪に問われ、服役しています。

20年前から知り合いだった元羊飼いのボリス・ムスアド神父。

当時、37歳だったゴーンの父親ジョージ・ゴーン(ジョルジ・ゴーン)は、ダイヤモンドや金、外貨、扱ってはいけないブツなどの密輸に手を染めていたそう。

父親であるジョージ・ゴーン(ジョルジ・ゴーン)が神父に協力を持ちかけ、金銭トラブルで手をかけたという流れだそうです。

さらに父親ジョージ・ゴーン(ジョルジ・ゴーン)はその後も、さまざまな犯罪に手を染めます。

そして、刑務所服役しているところ、1975年初頭、レバノン内戦の混乱に乗じてベイルート脱出に成功。

父親であるジョージ・ゴーン(ジョルジ・ゴーン)は、ブラジルのリオデジャネイロに逃亡し、ブラジルでビジネスに成功。

現在はというと、2006年に死亡が確認されています。

カルロス・ゴーンは親から逃亡の仕方を習っていたのかもしれませんね・・。

スポンサードリンク

顔画像・顔写真は?ジョージ・ゴーン父親(ジョルジ・ゴーン)

カルロス・ゴーンの父親であるジョージ・ゴーン(ジョルジ・ゴーン)の顔画像(顔写真)は公表されているのでしょうか。

もし顔画像・顔写真が公表されているのであれば、人相などが気になりますよね。

カルロス・ゴーンの顔の人相が悪いと、話題になっていますが、父親の顔画像・顔写真はカルロス・ゴーンと似ているのでしょうか・・?

これについて、顔画像をチェックしてみましたが、まだ明らかになっていないようです。

後ほど、顔画像が分かり次第追記したいと思います。

ジョージ・ゴーン父親(ジョルジ・ゴーン)まとめ

父親のジョージ・ゴーン(ジョルジ・ゴーン)についてまとめてみました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です