スポンサードリンク

大谷(オオタニ)さんは激レアさん!リーマンサットで人工衛星開発!

こんにちは。

2019年7月20日(土)  22時25分~23時25分に放送される

激レアさんを連れてきた。

宇宙の知識が全くないド素人なのに、人工衛星の開発を成功させちゃった人が登場します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

もうすぐ七夕! みなさんは、短冊に何かお願いごとを書きましたか??(*´◒`*) 今年の七夕は、【コスモプラネタリウム渋谷】にて開催されている🎋七夕week🎋にリーマンサットも参加させていただいています(* ´ ▽ ` )! リーマンサットの魅力満載のブースに、ぜひ、お気軽にお立ち寄りください♪ なんと!浴衣、甚平なら、プラネタリウム鑑賞100円引きらしいです…!(*⁰▿⁰*) #七夕 #コスモプラネタリウム渋谷 #渋谷 #プラネタリウム #宇宙に願いを #星に願いを #七夕week #七夕ウィーク #rymansat #人工衛星 #宇宙開発 #宇宙 #空 #ロマン ##artificialsatellite #Space #rymansatProject #リーマンサットプロジェクト #人工衛星を作ろう #宇宙好きな人と繋がりたい

リーマンサット・プロジェクトさん(@rymansat)がシェアした投稿 –

その方のお名前は「オオタニさん」

いったいどんな方なのでしょうか。

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

大谷(オオタニ)さんは激レアさん!人工衛星開発ってなんで?

激レアさんに登場するオオタニさんは宇宙の知識が全くないド素人。

宇宙の知識ゼロのアマチュアなのに人工衛星を作っちゃった人のお名前は

オオタニさんです。

 

スポンサードリンク

激レアさんのオオタニさんの人工開発の経歴

激レアさんに登場するオオタニさんは

月に1回、居酒屋で宇宙談議に花を咲かせる5人組の1人だったオオタニさんでした。

宇宙と居酒屋・金の蔵が好きな5人組。

しかしその状況が一転します。

5人の内の一人、ハコダさんがが、なんと企業向けイベントブースを勝手に借りてしまったそうなんです!

借りた以上、何もしないわけにいかず…メンバーのなかにいたデザイナーが、とりあえずポストカードだけ作成。

そこで、なんか凄いことを達成しそうなポストカードをスガタさんが制作。

2年以内に人工衛星打ち上げを目指す!と記載してあったそうですよ。

 

激レアさんの番組でも紹介されましたが、

その出来があまりにも本格的だったことでさらなる飛躍が!

イベント翌日からメールが殺到!

  • 宇宙開発に携わることが夢だった
  • 北海道から向かいます!

など日本中から参加希望のメールが殺到することに。

なんとそのとき、やる気がある人が24人も集まったそうです。

しかし、問題は当の大谷(オオタニ)さんが

宇宙の知識ゼロだったこと。

一方、集まったのは宇宙のことを専門的に学んできた集団。

そこで激レアさんに登場する大谷(オオタニ)さんがとった

行動は・・・

「お力を貸してください・よろしくおねがいします。」

と書いたパネルを掲示し、みんなでディベート大会を開催しました。

スポンサードリンク

大谷さんがリーマンサットを結成

こうして、サラリーマンを中心にした“リーマンサット”が

結成されました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Finally! 明日、ついに宇宙へ! #リーマンサット にとって初の #人工衛星 となる”RSP-00”の打上げカウントダウン最終日! 度重なる延期の中、最後までお付き合いいただきありがとうございます! . . 今回、最終日のカウントダウンの写真を撮るべく「大谷さーん」とポーズをお願いしたんですが . 「えっ?俺一人なの? みんなで撮ればいいじゃん」 と言われてしまいました(笑) 思い返してみれば、リーマンサットは“民間宇宙開発”という「もっとみんなで宇宙開発をやろうよ!」という旗を掲げてきたチーム。 . “宇宙開発”という言葉が持つ敷居の高さを下げるような 「誰だって、いつだって始められる宇宙開発があってもいい」と。 そう信じ続けた3年半。 . みんなが抱く”夢”と”好奇心”の先に「人を中心とした宇宙開発」があるのだと。 これが、日本や世界の宇宙開発を、もっともっと盛り上げることにつながるのだと。 そう信じて、進み続けてきました。 . 「週末にみんなで集まって”趣味ですか…宇宙開発ですね”って、言ってしまおう」 . 「宇宙って、面白そうだから」 . 面白そうなことに、好きなだけ挑戦できる世界を。 みんなの想いがあったからこそ、ここまで来れた。 そう、強く思います。 . . . そしてこれからも、いつもどおりのリーマンサットとして「人を中心とした宇宙開発」は続きます。 まずは明日。わたしたちの想いが宇宙に届くその瞬間を見守ってください! よろしくお願いします! . . . #人を中心とした宇宙開発 https://www.rymansat.com/join #宇宙 #趣味 #rsp00countdown #H2BF7 #cubesat #ISS #国際宇宙ステーション #民間宇宙開発 #宇宙開発 #種子島

リーマンサット・プロジェクトさん(@rymansat)がシェアした投稿 –

新加入してきた想像以上に本気のメンバーたちや、

JAXAのとっても高いハードルがアマチュア5人組を追い込みます。

そして5人はいい感じに縁の下の力持ち立場になっていきました。

具体的に言うと・・・

  • オオタニさんは人集め
  • ミツイさんは技術チーム
  • ハコダさんは買い出し
  • ショウジさんはホームページ
  • スガタ場所取り記念撮影

という感じで。

 

激レアさんオオタニさんが立ち向かった人工衛星づくり

まず立ち向かった難題は、金属加工問題。

かなりの技術を要する技術ですが、下町の職人さんがいて

技術とコストカットに成功!

そして次なる難題、通信技術問題も最強素人集団内で解決。

鳥人間コンテストで通信基盤担当をしている方を中心に開発を進めることができたのです。

スポンサードリンク

激レアさんのオオタニさんの人工衛星がJAXAの審査に

しかし、最後に待ち構えていたのがJAXAの審査。

JAXAが見守る中、審査時発射口の中に中々入らなかったものの

見事クリア!

2018年9月、種子島宇宙センターからの人工衛星の発射が見事成功!

JAXAの職員も拍手喝采だったそうですよ!

 

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です