スポンサードリンク

 

 

 

エワ/パラグライダーのアンビリーバボー!上空1万メートルの事故詳細!現在は?

こんにちは。

2020年1月9日(木)  19時57分~21時00分に放送される

奇跡体験!アンビリバボー【上空1万メートル決死のパラグライディング】

酸素濃度が地上の四分の一、マイナス55度の極寒の高度1万メートルに飛ばされた事故を体験した女性パラグライダー、「エワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカ」さんが登場します。

スポンサードリンク

エワ(エバ、エヴァ)/パラグライダーが奇跡体験!アンビリバボーに登場!

世界中の幸福な奇跡、常識や科学では解明できない超常現象、怪奇現象などアンビリバボーな話をお送りする人気番組奇跡体験!アンビリバボー。

数奇な運命をたどる世界中の方々の再現VTRが放送されるこの番組ですが、今回登場するのはわたしにとって全くの非日常!

なんと、地上の四分の一、マイナス55度の極寒の高度1万メートルに飛ばされた事故を体験した女性パラグライダーさんが登場します。

その方のお名前は、「エワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカ」さん。

わたしたちにとってのパラグライダーのイメージとは、長方形のパラシュートを背負い山の斜面などをかけおりて離陸し、グライダーのように滑空するスポーツですよね。

しかしパラグライダーの競技ともなると、最も長い距離を飛ぶことを競ったり、滞空時間を競ったり、さまざまなトリックを行い、その技と精度を競ったりと様々。

今回登場するエワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんは、どのような経緯で高度1万メートルに飛ばされたのでしょうか。

そして、そのエワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんの運命はいかに!?

簡単にチェックしてみました♪

スポンサードリンク

エワ(エバ、エヴァ)/パラグライダーが上空1万メートルに飛ばされた事故の理由は?

奇跡体験!アンビリバボーに登場するエワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんが、地上の四分の一、マイナス55度の極寒の高度1万メートルに飛ばされた事故を体験 したのは2007年2月20日のこと。

エワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんは、一流のパラグライダー選手であり、オーストラリアで開催される世界選手権に向けシドニーで別の試合で調整を行っていました。

パラグライダーは天候に大きく左右される競技であり、エワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんが飛び立った当初は絶好のフライトびより。

しかし、エワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんが飛び立った30分後事態は急転します。

前方の雲が急激に発達し、雷雨を伴う積乱雲へと変貌し始めたのです。

積乱雲とはは、強い上昇気流によって鉛直方向に著しく発達した雲です。

雲の高さは10キロメートルを超え、時には成層圏まで達することもあります。

積乱雲は、ジェット旅客機ですら飛ぶことを避けるほど気流が乱れており、雷や突風が荒れ狂うもの。

他のパラグライダー選手は、危険と判断し飛ぶことを続々と辞めていきます。

しかし、エワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんの近くを飛ぶ優勝候補の選手が飛ぶことを辞めないため、

「積乱雲に発達する前に、近くをすり抜けられるんじゃない?!」

と考えで、降下を呼びかける仲間の声を無視し飛行を続行、それが甘すぎる判断でした。

エワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんは、あっというまに発達した積乱雲の嵐に巻き込まれ上空高く舞い上げられたのです。

「助けて!!」そう叫ぶエワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんの最後の無線虚しく、それが最後に通話が途切れました。

いったい、エワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんはどうなったのでしょうか。

スポンサードリンク

エワ(エバ、エヴァ)/パラグライダーの事故の運命は?奇跡体験!アンビリバボー

奇跡体験!アンビリバボーに登場するエワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんが、通常飛行するのは上空2000メートル。

積乱雲に巻き込まれたエワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんは当時のことをこう振り返ります。

「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、ただ祈るしかなかった」

エワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんは、なんと一分間に400メートルという速さで上空に巻き上げられ、意識を消失。

そして次に気がついたときは高度6900メートルのところを浮遊しており、身体やパラグライダーは氷で覆われていました。

後にわかりますが、計器の観測データによるとエワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんはジャンボジェットが飛行するような高度、最高で9946メートルまで上昇した記録が残ってたそうです。

まさに奇跡体験!アンビリバボー!

高度1万メートルの世界というと、気圧は地上の四分の一、マイナス55度の極寒の世界。

この高速で高度1万メートルまで上昇したスピードを登山でたとえると、15分間で世界最高峰のチョモランマに登山するようなものだそうです。

普通身体を慣らしながら、万全の防寒設備をして地上で挑むのに、エワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんは嵐の中に軽装備でツッコミ、マイナス55度の極寒地獄。

誰がどう考えても、本人も周囲も死を覚悟する状況ですよね。

しかし、なんとかエワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんは高度を下げることに成功し、地上に降り立つことができました。

地上に降り立った時の彼女は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいたそうです。

ちなみに、おなじ嵐に巻き込まれた中国人は、体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡したそうです。。

エワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんはアンビリバボーな体験をしても命が助かってよかったですよね。

スポンサードリンク

エワ(エバ、エヴァ)/パラグライダーの現在は?

奇跡体験!アンビリバボーに登場するエワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカさんの現在の職業は何なのでしょうか。

ネット上にはなんらかの社長を務められているとの情報があるようですね。

放送で分かり次第追記したいと思います。

 

まとめ

2020年1月9日(木)  19時57分~21時00分に放送される

奇跡体験!アンビリバボー【上空1万メートル決死のパラグライディング】

酸素濃度が地上の四分の一、マイナス55度の極寒の高度1万メートルに飛ばされた事故を体験した女性パラグライダー、「エワ(エバ、エヴァ)・ウィスニエルスカ」さんについてまとめてみました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です