スポンサードリンク

DOCOMO担当携帯解約金説明で炎上!死亡した契約者本人を連れて来い!ショップ名は?

こんにちは!

携帯電話の解約金って複雑でわかりづらいですよね~・・

そんな複雑な携帯電話の解約時に払う解約金のDOCOMO担当者の説明に対し

ツイッター上で「そんな無茶いうな」

と言いたくなるような対応をされたと話題になっています。

なんと、docomoショップ店員が

「死んだご契約者様本人を連れて来てください」という旨のことを発言したそうです。

ポカーンとすると同時に、無茶いうなといらっとしますよね。

詳細を調べてみました。

スポンサードリンク

DOCOMO担当携帯解約金説明で炎上!死亡した契約者本人を連れて来い!

問題となった元のツイッターのツイートはこちら。


まとめてみると、

・docomoショップ店員が「死んだご契約者様本人を連れて来てください」という旨のことを発言したこと
・店員が契約者死亡の際の解約について知らないと述べたこと
・店員が他のプランの相談説明すら死んだ契約者本人がいないと何もできないと拒否したこと

この3点に対し、このツイッターの投稿者はドコモの対応に対し疑問を持っているようです。

では実際のドコモの規約はどのようになっているのでしょうか。

スポンサードリンク

DOCOMO携帯電話契約者の死亡による解約手続き

死亡した契約者のドコモ携帯電話を解約する際の手続きについて調べてみました。

用意する必要があるもの

  • 葬儀の案内状や死亡診断書など死亡の事実が確認できるもの
  • 利用中のドコモUIMカード
  • 来店者の「運転免許証」または「マイナンバーカード(個人番号カード)」など

 

必要な費用

解約日までにご利用いただいた料金

  • 翌月、請求させていただきます。
  • 事務手数料または手数料などは無料です。

 

事務手数料または、手数料などは無料と記載があるようです。

DOCOMO側の対応の根拠がとても気になりますよね。

このような事例はとても多数今度出てくるかと思われるので

明らかにして欲しいものです。

 

ショップ名は?

 

 

 

その他死亡時の解約トラブル

契約者が死亡していた際に携帯電話を解約する際に、ドコモでどのようなトラブルが起きているのか気になったので調べてみました。

利用者が死亡したことを証明する書類の「原本」が必要といわれた。

ネット上のドコモの解約ページには、

  • 葬儀の案内状や死亡診断書など死亡の事実が確認できるもの

と記載がありますが、「原本」が必要と言われたことがある方がいました。

 

ネットの反応

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です