スポンサードリンク

防衛省居眠り職員の実名(名前)は誰?インスタ、Facebook、Twitter動画は?イージス・アショア説明会で東北防衛局の伊藤茂樹局長謝罪!睡眠障害

こんにちは。

みなさんの住む地元に、防衛省のミサイルが配備されるとするならどう思いますか?

第一は、十分な調査がされ、その説明会等により地元住民の理解を得ることですよね。

ミサイル配備によるレーダー電波の影響も無いとは言えないでしょうし、仮に配備するにしても周辺の最適な場所を選ばないと行けません。

そのミサイル基地が狙われないとも限りません……

そんな真剣な議論がなされるべき説明会で大きな失態が明らかになりました。

先日、防衛省が陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備を検討している地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」をめぐり秋田市内で住民説明会が開催されました。

それは、十分な調査がされないまま防衛省のイージス・アショア導入がなされようとしたミスの釈明、謝罪の会見の場。

その住民説明会で、防衛省の職員が居眠りをしていたそうなんです。

ちなみに、イージスアショアとは、イージスとアショアの意味を持ちます。

元々「イージス」は、敵の航空機やミサイルをレーダーで捉えて撃ち落とす迎撃ミサイルなどの強力なシステム防空システムのこと。

そこに、アショアという陸上という意味合いが加わったことばですね。

防衛省の職員が居眠りという、ありえない事態に地元住民は感情をあらわにして怒り抗議しました。

スポンサードリンク

防衛省居眠り職員動画!顔画像は?名前・実名は誰で役職・肩書きは?

 

防衛省職員の居眠りTwitter動画!実名名前

防衛省の職員が居眠りをしている動画がニュースでも放映され

ツイッターでも動画が拡散されています。

顔画像も明かになっているようですが、いったい名前は誰なのでしょうか。

防衛省の職員ということで、その役職や肩書きも気になりますよね。

そのツイッター動画はこちら

確かにこちらのツイッター動画をみるとスヤスヤ寝てますね。

明らかに居眠りです。

見ていた方の様子によると、防衛省職員が、

最初一瞬、頭が、不自然な動きをしたそうです。

すると、再び、頭がかくっと右へ。

スポンサードリンク

イージス・アショア導入説明会で危険性を訴える地元住民が居眠りで怒号

これを受け、防衛省側の説明の後、住民の一人が、

「後ろの席の貴方、居眠りしてましたね」

「何を考えているんだ!我々の人生かかってるんだ!」

と、叫びました。

 

冒頭でも述べましたが、実はこの住民との説明会は、十分な調査がされないまま防衛省のイージス・アショア導入がなされようとしたミスの釈明、謝罪の会見だったのです。

自分たちの世代だけでなく、自分たちの子供や孫といった未来にまで影響を与えるこの防衛省のイージス・アショア導入。

「レーダーが発する電波が健康に影響を与えるのではないか」

「国の重要な防衛施設が近くにあることで、攻撃の対象になるのではないか」

未来にそのような不安材料を残したくない住民住民にとって

  • 防衛省の職員がずさんな調査をしたこと
  • そして、その釈明の場で居眠りをしたこと

 

それらは、絶対に許せない行為だったのでしょう。


イージス・アショア導入への反発が高まることは当然ですね。

スポンサードリンク

居眠りの防衛省東北防衛局職員の実名・名前、肩書・役職は特定されているのか

 

このイージス・アショアの説明会で居眠りをしていた防衛省東北防衛局職員の名前は誰か名前・実名は特定できているのでしょうか。

  • 名前(実名):非公開
  • 年齢:50代?
  • 職業・肩書:防衛省・東北防衛局の職員
  • 役職:不明
  • 顔画像:あり

 

現時点において、名前・実名は公表されていないようです。

みたところ、50代の男性ではないかなと思います。

肩書は、防衛省・東北防衛局の職員とのことですが役職は不明です。

顔写真はというと、動画でスヤスヤ眠っている姿が映っていますね。

居眠りの防衛省東北防衛局職員のFacebook、Twitter、インスタは?

居眠りをした職員のFacebook、インスタ、Twitterは特定されているのでしょうか。

現時点において、名前・実名は公表されていないとのことで

Facebook、インスタ、Twitterは特定されていないようです。

 

防衛省職員居眠りによる防衛大臣の謝罪

この翌日には別の防衛省担当者が謝罪

「説明会という非常に重要な場におきまして、このような行為を行ったこと、本人も深く反省しており、私からも深くおわび申し上げます」

そして、国会で防衛大臣が

「誠に緊張感を欠いた不適切な行為であったと思います。二度とこのようなことが起こらないよう、指示を徹底してまいりたい」

と、謝罪することとなりました。

居眠りでふて腐れ!

この防衛省職員は、住民から居眠りを指摘したあとに

すぐに目線を合わさず、ふてくされるような態度をとったとのこと。

その原因はわかりませんが、その場で真摯に対応し謝罪していたら

少しは変わっていたのかもしれません。

居眠りは組織的原因や睡眠障害の可能性も?

防衛省側は、現在もこの防衛省東北防衛局の職員が誰なのか

名前や年齢、細かな肩書を明らかにしていません。

確かに国家一種の方は激務が続いたりするとききます。

居眠りを指摘された職員は、説明会の資料作成のために数日間、徹夜をしていたそうです。


かなり叩かれているようですが、徹夜を許容し、引き続き勤務を指示した組織としての問題もあるのではないかと思います。

また、睡眠障害の可能性も否定できないですよね。


これだけの事になると、この男性職員の居場所はないのではないでしょうか。

防衛省居眠りさんの家族がすこし可哀想に思えてきました。

ネット上等で、細かな部分の特定活動が始まっています

個人的には、Facebook、インスタ、Twitterは特定され追い込まれるようなことはなってほしくないですね。

それよりも、防衛省のずさんな調査のほうに焦点が当たって欲しいものです。

防衛省職員・伊藤茂樹?

Twitterなどを検索すると、「防衛省職員・伊藤茂樹」という

名前が出てきます。

一瞬このひとかな?と思ったら、防衛省東北防衛局の局長でした。

つまり謝罪された上司の方ですね。

スポンサードリンク

グーグルアースで三角定規で調査?!

 

ちなみに、そもそもの防衛省のずさんな調査の内容はこちらです。

 秋田市への陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備検討を巡る防衛省の調査報告書に誤りがあった問題で、同省の五味賢至戦略企画課長は8日、衛星写真を利用したバーチャル地球儀ソフト「グーグルアース」で作成した地形断面図の距離と標高の縮尺が異なるのに気づかなかったことが原因だったと明かした。秋田市内で報道陣に語った。

誤っていたのは、候補地の秋田市・新屋演習場以外で調べた青森、秋田、山形県の国有地や演習場9カ所のレーダーの電波を遮蔽(しゃへい)する付近の山頂までの仰角。

五味課長によると、グーグルアースを用いて表示された地形断面図は「標高」と「水平距離」の縮尺が異なっていたのに、そのまま定規で測って三角関数で仰角を計算し、分度器で確認した。グーグルアースの地形断面図には距離、標高とも本来の数値が目盛りで表示されるが「間違いを認識せずに使っていた」という。

今回用いられた地形断面図は、水平距離より標高の方の縮尺が大きかった。その結果、仰角はいずれも実際より大きくなり、秋田県男鹿市の国有地では仰角約4度のところを約15度と算出した。

五味課長は実地調査をしなかったことについて「地図データがあれば調べられる」とし、今回のミスに関しては「チェック態勢がしっかりしていなかった」と説明した。

報道陣への説明に先立ち、防衛省は秋田市内で住民説明会を開催。新屋演習場が適地だとした報告書のデータに誤りがあったことについて、出席者からは「信用できない」「新屋配備を考え直すべきだ」などの厳しい批判が噴出した。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Mainichi_20190609k0000m010007000c/

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です